自動車取得税について

自動車取得税とは車の取得に対し課税される都道府県税です。取得に対する課税なので、自動車取得税は基本的に購入時にしか関係してきません。また、購入価格が50万以下の場合は課税されないのも自動車取得税の特徴です。課税額は取得額とその車に該当する税率をかけて算出されます。
自動車保険

自動車任意保険 トップへ
保険のカテゴリ 自動車保険の制度や仕組みについて解説します
  車両保険について | 自賠責とその限度額 | 割引制度 | 補償内容 | 等級プロテクトとは? | 軽自動車の任意保険自動二輪・バイクの保険
保険会社のカテゴリ 外資系の主な保険会社の特長を調べました
  外資系保険会社 >> アメリカンホームダイレクト保険の特長 | アクサダイレクト保険の特長 | チューリッヒ保険の特長 | 全労災のマイカー共済
税金のカテゴリ 主要な税金について解説します その他のカテゴリ 事故や車検についての情報です
  自動車税など購入時の必要経費 | 自動車取得税 | 自動車重量税   示談書 | 交通事故 | ユーザー車検 | リンク集

自賠責保険 自動車購入時に考えなくてはいけない税金には、自動車税自動車取得税自動車重量税の3つが挙げられます。まずはその中でも自動車取得税についてご説明します。

自動車取得税の税率一覧

自動車取得税は、購入した車が自家用か営業用か、バスかトラックかなどによって変わります。ちょっと変わっているのは、プリウスなどのハイブリッド車は自動車取得税の税制では優遇されている点でしょう。以下は、自動車取得税の税率、金額一覧です。

区分 自家用自動車 営業用自動車
軽自動車
下記A、Bを除く自動車 5% 3%
A 電気自動車、天然ガス自動車、
   メタノール自動車
2.3% 0.3%
B ハイブリッド
   自動車
バス、トラック 2.3% 0.3%
バス、トラック以外 2.8% 0.8%
出典:ホンダ クルマの購入お役立ちガイド

例えば、自動車取得税を算出してみると、一般の人が100万円の乗用車を新車で買った場合、税率は5%になるので、5万円が自動車取得税ということになります。消費税だけでもいいじゃねえかと毒づきたくなりますね。

ですが、これが中古車となると話は変わってきて、時間の経過に合わせて自動車取得税を割り出す際に必要な取得価格の算出方法が異なります。それがどんな感じかというと、こんな感じです。

新車を1.00として考えると、以下のようになるそうです。 残価率表
1年経過 0.681
1.5年経過 0.561
2年経過 0.464
2.5年経過 0.382
3年経過 0.316
3.5年経過 0.261
4年経過 0.215
4.5年経過 0.177
5年経過 0.146
5.5年経過 0.121
6年経過 0.1


スカイラインのR34など、5年以上前の車でも中古車で300万以上するケースがありますが、例えば、新車価格が300万の5年落ち中古車を買う場合は、3,000,000×0.146=438,000 というわけで、43万8千円が自動車の車両料金として計算されます。というわけで、支払う自動車取得税はその5%、=21,900円となるわけです。むー、新車と中古車では、自動車取得税がえらく違いますね。

ポイント:
自動車購入時には販売店やディーラーの契約している保険会社との契約をまず第一に勧められますが、こちらの値段は結構割高です。かと言って、1社1社別々に見積もりを取るのは面倒なので、自動車保険の一括見積もりサービスなどを利用すると比較的安い保険を見つけることができるでしょう。




自動車保険
© 2002 jidousha-hoken.net All Rights Reserved.

参考:自動車取得税のあらまし