自動車重量税について

自動車重量税は自動車税自動車取得税とは違い、自動車の重量に対して課税される国税です。重量税は、自家用の場合、0.5トンごとに6,300円(年)、軽自動車は一律4,400円(年)。車検の有効期間年数分を先払いすることになっており、新車購入時は3年分の自動車重量税を先に支払うことになります。
自動車保険

自動車任意保険 トップへ
保険のカテゴリ 自動車保険の制度や仕組みについて解説します
  車両保険について | 自賠責とその限度額 | 割引制度 | 補償内容 | 等級プロテクトとは? | 軽自動車の任意保険自動二輪・バイクの保険
保険会社のカテゴリ 外資系の主な保険会社の特長を調べました
  外資系保険会社 >> アメリカンホームダイレクト保険の特長 | アクサダイレクト保険の特長 | チューリッヒ保険の特長 | 全労災のマイカー共済
税金のカテゴリ 主要な税金について解説します その他のカテゴリ 事故や車検についての情報です
  自動車税など購入時の必要経費 | 自動車取得税 | 自動車重量税   示談書 | 交通事故 | ユーザー車検 | リンク集

自賠責保険 自動車購入時に考えなくてはいけない税金には、自動車税自動車取得税自動車重量税の3つが挙げられます。まずはその中でも自動車重量税についてご説明します。

自動車重量税の税率一覧

重量税は、その名の通り、自動車の重さにかかってくる税金です。500kg単位で区切られているので、カローラのように重量が950kgという場合には、0.5トン以上1トン未満ということで、2年ならは12,600円×2の25,200円を支払う必要があります。また、新車の場合は3年分を一括で支払う必要があるので、1トン以上、1.5トン未満という車の場合は、18,900円×3で、56,700円が購入経費としてかかってきます。これは結構痛いですね。

以下は、重量税の税率一覧です。

車種区分 車検
期間
自家用
(白ナンバー)
事業用
(緑ナンバー)
乗用自動車 3年 自重0.5tごとに 18,900 -
2年 自重0.5tごとに 12,600 -
1年 自重0.5tごとに 6,300 自重0.5tごとに 2,800
バス 1年 自重1tごとに 6,300 自重1tごとに 2,800
トラック 総重量
2.5t以下
2年 自重1tごとに 8,800 自重1tごとに 2,800
総重量
2.5t以下
1年 自重1tごとに 4,400 自重1tごとに 2,800
総重量
2.5t超
1年 自重1tごとに 6,300 自重1tごとに 2,800
特種用途車 2年 自重1tごとに 12,600 自重1tごとに 5,600
1年 自重1tごとに 6,300 自重1tごとに 2,800
小型二輪車 2年 1両につき 5,000 自重1tごとに 3,400
1年 1両につき 2,500 自重1tごとに 1,700
検査対象
軽自動車
3年 1両につき 13,200 -
2年 1両につき 8,800 自重1tごとに 5,600
1年 1両につき 4,400 自重1tごとに 2,800
検査対象外
軽自動車
二輪車 - 1両につき 6,300 自重1tごとに 4,500
その他 - 1両につき 13,200 自重1tごとに 8,400
出典:ホンダ クルマの購入お役立ちガイド


ポイント:
自動車購入時には販売店やディーラーの契約している保険会社との契約をまず第一に勧められますが、こちらの値段は結構割高です。かと言って、1社1社別々に見積もりを取るのは面倒なので、自動車保険の一括見積もりサービスなどを利用すると比較的安い保険を見つけることができるでしょう。

【自動車重量税 最新NEWS】
自動車重量税の廃車還付制度
今までは一度納めた自動車重量税は還付される事はありませんでしたが、リサイクル法との兼ね合いもあり平成17年より廃車(適正に解体が確認されたものに限る)に対して申請すれば残存期間に相当する金額が還付されるようになったようです。
注意:車検残存期間が1か月以上の場合のみ
注意:登録自動車ならびに軽自動車が対象




自動車保険
© 2002 jidousha-hoken.net All Rights Reserved.

参考:自動車重量税のあらまし